多重債務

多重債務に陥る理由

消費者が多重債務に陥ってしまう要因として、まず第一に金融業者がそういった顧客に追加融資をしてしまうことがあげられます。融資をしてくれる業者がいなければ、借金は増えないわけで、多重債務にも陥らないわけです。

しかし、多重債務者への融資を専門に取り扱っている金融業者も存在することから、実際問題として多重債務者への融資は無くなることはないですし、多重債務者の方が追加融資を求めることもなくならないでしょう。

国内ではそういった多重債務者を防止する目的で、出資法と貸金業規制法が改正されました。

上限金利の引き下げや過剰融資の禁止、更には暴力的な取り立て行為の禁止をうたったものですが、これを受けて消費者金融各社は信用情報機関のデータを最大限活用し、債務者の信用リスクの把握を徹底に邁進することとなったのです。

これらの努力によって、多重債務者への追加融資は減少されたように見えますが、実際には根絶するまでには至っていません。

非合法な金融業者

その理由として、貸金業登録をしていない業者が、そういった多重債務者への融資を裏で操っているからです。何分にも非合法な業者ですので、貸金業規制法や出資法といった規制を厳守するはずもなく、考えられないような高金利で融資をしているのが実態です。

多重債務問題