即日融資 激甘

審査がゆるい借入先

他社からの借入が増えていけば、いつしか多重債務となって生活が困窮することとなります。毎月の支払いに追われて、それこそ普通の生活を営むのが困難になるでしょう。

多重債務者の定義とは、消費者金融など複数の金銭賃借業者から借り入れをしている人を呼称します。多重債務者の多くは複数の金融業者から高い利息で借り入れをしています。いわゆる「その場しのぎ」でキャッシングをしていることが多く、先々のことを考えないのも彼らの特徴です。

例えば300万円の借金を返済するためには、消費者金融で年利18%のキャッシ ングを繰り返していると借金総額は5年間で500万円になってしまいます。また、それが7年間になると驚くことに1000万円にもなってしまうわけです。法改正で金利が低くなった現在でこの状態ですから、過去の高金利の時代にどれだけ金融会社がぼろ儲けしていたか、想像できると思います。

法改正により、多重債務者の新規借り入れが制限されましたが、まだまだ法の抜け道はあるようで、そんな多重債務者を専門にした激甘審査で審査基準のゆるい融資先が存在しています。

消費者金融一覧

便利なカードローン

通常、手元にお金がなくて今すぐにお金が必要になった際、メガバンクで借りたり消費者金融といった金銭賃借業者からキャッシングをします。

銀行は個人向け融資にも積極的で、個人客向けのカードローンは無担保・無保証のフリーローンで、なおかつ低金利で借りれることから利用者は増加の一途をたどっているようです。

カードローンの仕組みは、審査に通れば現金を貸し出すのではなく、いつでも現金が引き出せるカードが発行されます。そのカードには審査の際に決定された貸し出し限度額が設定されており、その限度額内であればいつでもキャッシングすることが可能です。

年会費手数料も無料なので、今すぐお金が必要でなくても、カードを作っておけばいざという際に便利です。

消費者金融の場合

消費者金融の歴史は古く、昭和30年代に広まった団地金融がその起源だといわれています。厳しい取り立て行為や、高金利での貸付などが社会問題となってダーティーなイメージがついた時期もありましたが、現在では大手の銀行が資本になるなど、一般社会に浸透しているといっていいでしょう。

便利なカードローンの普及で陰に隠れてしまった感もありますが、まだまだ消費者金融の需要は増えることはあっても減ることはありません。サラリーマンや主婦、自営業者などを中心に利用者を保っていますし、カードローンほど審査も厳しくないのも一つの要因といえるでしょう。

借金の返済

自転車操業を続けていれば自ずと借金も増え続けていきます。いずれは金策に尽きて支払いが滞ることは容易に想像できます。そうなってくると、借入先の取り立て屋が自宅や勤務先に押し掛けてくるようになります。ここまでくると完全な借金地獄です。

ではどのくらいまでの借金なら大丈夫でしょうか?以下はその目安です。

  1. 借金総額が年収の三分の一以内
  2. 年間の返済額(金利を含む)が年収の25%以内
借金返済が厳しくなるより前に、どのような借金がどれくらいあるのかをきちんと整理しておく必要があります。 借入の種類についてもどのランクのものなのかを、検討しておくことも肝要です。
ATM

支払い方法

借金をしていれば必ず毎月の支払い日が訪れてきます。複数の支払先があれば、支払いをするだけでも結構な手間になるでしょう。 金融会社の殆どは、複数の支払い方法を選択できますので、よく考えて自分に合った支払い方法を選択することが重要です。

実質年率方式

元金の借り入れ残高へ実際の金利をプラスして返済する方式です。毎回、返済する金額は異なりますが、一番確実な返済方法といえるでしょう。

元利均等返済方式

返済する元金と利息を毎月、一定の金額に設定して返済する方式です。毎月の返済額は同額ですが、最初に内は利息のみ返している感覚で、元金はなかなか減りません。

元金均等払い方式

元金を一定額毎月返していく方式です。最初の負担が大きいのデメリットになりますが、後の返済が楽になります。

リボルビング方式

予め金融業者との契約で決められた金額を毎月返済する方式です。返済中でもある程度返済が進行していけば、追加の融資も可能です。 また、リボルビング方式には以下のパターンもあります。

元金定額リボルビング方式

毎月一定の元金と、借り入れ残高に対する金利を返済していく方式です。

元利定額リボルビング方式

元金と借り入れ残高に対する金利を毎月一定の額返済していく方式です。

元金定率リボルビング方式

元金に対し決められた定率の金額と借り入れ残高に対する金利を返済していく方式です。

残高スライドリボルビング方式

元金の残高で返済する額の一定額が変動するタイプがリボルビング方式です。

一定額払いの場合、借金の大小にかかわらず返済額が一定になるため、借金残高が多ければ多いほど一向に元金が減らず、返済が進まないというデメリットがあります。

また、定率方式の場合は借金残額が少なくなっても一定の金額しか返済できないので、元金が減るにつれ返済額も同時に少なくなってしまって、返済が進まないというデメリットもあります。

残高スライド方式は一番お薦めの方式で、定額払いと定率払いのメリットとデメリットを複合することで、両方式のデメリットをカバーしていると言えます。